小滝米ショッピングサイト

信越の希少な高級米コタキホワイト 購入はこちら

小滝を知る

いまだ日本の原風景が色濃く残る「長野県栄村」は、長野県の最北端に位置する人口約2000人の村で、積雪量が日本一(1945年7m85cm)を記録したこともある日本有数の深雪地帯です。 小滝米が作られている「小滝」は栄村村内に31ある集落のひとつ。日本一の大河千曲川(信濃川)沿いにたたずむ13戸(30数名)の美しくも小さな小さな集落です。

2011年3月11日の東日本大地震の翌日早朝に発生した長野県北部地震により、長野県栄村小滝集落は建物の倒壊に加え7割の田んぼが壊滅的な被害を受けました。しかし住民が一丸となり、3年後にはすべての田んぼの作付けが出来るまでの奇跡的復旧を遂げました。

復旧からさらなる復興を目指すにあたり、小滝集落では「美しい里山をさらに300年後まで引継ぐ」という壮大な復興ヴィジョンを掲げました。その核となるのが、300年以上伝え作り続けてきた集落自慢の「小滝米」です。

株式会社サヱグサ&グリーン(ギンザのサヱグサ)は、その復興の一助となるべくお手伝いをさせていただきます。
「コタキホワイト」「コタキヌーボー」のボトル1本につき50 円を復興支援金として寄付させていただきます。優れた米の産地であり、未来に繋ぐべき日本の原風景が残る里山「小滝」の復興・継承にご理解をいただければ幸いです。
小滝の里山サイトへ >>
 
 photo by TOMOKO OSADA
 
?
 
マイアカウント -  お問い合わせ -  プライバシーポリシー -  お支払いについて -  配送方法・送料について -  特定商取引法に基づく表記