小滝米ショッピングサイト

信越の希少な高級米コタキホワイト 購入はこちら

小滝とサヱグサ

「将来を担う子どもたちのために」という想いで環境保全や自然教育に取り組んできたサヱグサは、子供たちの自然・里山体験キャンププログラム「GREEN MAGIC」を通じて、東日本大震災にともなう翌日の長野県北部地震で被災し、7割の田んぼが壊滅的な被害を受けたにもかかわらず懸命に復旧活動に取り組み、さらなる復興を目指す栄村小滝の方々と出会いました。

私たちは、栄村小滝の人々の復興への熱い情熱、そして美味しい米づくりに対する姿勢に共感し「小滝米」の再ブランディングに取り組むことになりました。「300年後まで続く里山づくり」を復興ビジョンに掲げている里山小滝の方々と共に、サヱグサが出来ることをひとつひとつ積み重ねていきたいと考えています。

お米文化に新たな付加価値を加えるブランドをクリエーションすることが里山小滝の復興の一助となり、さらにはこの取組みが、お米離れが進む日本人の食文化の見直し、そして日本が誇る美味しいお米を海外にもっと広めていくことに繋がれば、これほど素敵なことはありません。
ご縁をいただいた13世帯の小滝の方々とともに、小滝×銀座からひとつのチャレンジが始まっています。
 
                                                                                                                                      photo by TOMOKO OSADA

子供服の老舗「ギンザのサヱグサ」

株式会社ギンザのサヱグサ(東京都中央区銀座・代表 三枝 亮)は「上品なテイスト(REFINED TASTE)」、「適切な品質(PROPER QUALITY)」、「ユーモア感覚(HUMOROUS SENSE)」、この3つの基準を満たしたモノやコトを発信し、未来を担う大切な子どもたちにシンプルで上質、そしてファッショナブルなライフスタイルをご紹介する子どものための「スペシャルティストア」です。
1869年(明治2年)の創業時からサヱグサは、時代の流れを捉えたライフスタイルを提案し続けてきました。多様化するファッションシーンのなかで子どもならではの「変わらないスタイル」と時代を先取りした「先進的なスタイル」を高次元でバランスし、独自の豊かでスタイリッシュな世界観を伝えています。

サヱグサは、日本を代表する文化の街「銀座」とともに歩んできた歴史を見つめながらも、日本の子ども服カルチャーの発展、銀座の魅力ある発展、そして持続可能性ある環境社会の発展を目指します。 そして、将来を担う子どもたちへ豊かで健全な社会・文化を築き残すことを使命と考え、「豊かな地球を子どもたちに」というスローガンのもと、「SAYEGUSA GREEN PROJECT」と題した環境保全や自然教育に取り組んでまいります。

ギンザのサヱグサ ウェブサイト >> 
サヱグサ グリーンプロジェクト ウェブサイト >> 
 
 
マイアカウント -  お問い合わせ -  プライバシーポリシー -  お支払いについて -  配送方法・送料について -  特定商取引法に基づく表記